校長あいさつ

神津島村立神津中学校長 

 冨田 聖和

神津中学校は、今年で創立70周年を迎えます。これまでにたくさんの地域の方々に支えていただきながら多くの子供たちがこの神津中学校で学び、社会へと巣立っていきました。この伝統ある神津中学校の特色を大切にし、さらに進化・発展させて学校経営をしていきます。

子供は地域の大切な宝物です。地域に愛され、地域の方々のご支援とご協力により、子供たちはすくすくとたくましく成長しています。神津中学校の教育目標である「自立・自尊」を身に付けさせていくためには、学校のみの教育ではなく、地域の教育力が極めて大切になります。

今年度の神津中学校の経営方針では、人権教育を第一に掲げ、連携教育、特別支援教育を3本の柱としています。この3本柱を重点に取り組むことで子供たちの学力向上につながります。この3本柱を実践していくうえで、神津中学校は東京都教育委員会の4つの指定校を受けております。人権尊重教育推進校、道徳教育推進拠点校、伝統・文化教育推進校、オリンピック・パラリンピック教育推進校です。人権教育を枢軸に置き、これらの教育と関連を図りながら取り組んでいきます。

平成30年2月16日には、これまでに取り組んできた実践の集大成として、研究発表会を開催いたします。ぜひとも、ご参会いただければ幸いです。今年度も、教職員一同、一丸となってチーム神津中として取り組んでいきますので、神津中学校へのご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

TOP
経営方針