校長挨拶

神津島村立 神津中学校

校 長   佐藤 孝男

 

ここ神津島は東京都心から南西約180キロに位置し、四季を通じて温暖な気候に恵まれ、豊かな自然と 共生している島です。古くから「神の集いし島」と称され、本校の校歌にも表されています。最近では、島全体が「星空保護区」に認定されるなど、天体観望に 適した地域としても注目を集めています。

本校は昭和22年に開校し、今年創立74年目を迎えた歴史ある学校です。生徒数は1年生15名、2年 生16名、3年生14名の計45名、教職員数23名でスタートしました。「自立」「自尊」を教育目標に掲げ、「粘り強く学ぶ力」「コミュニケーションをと る力」「自ら問いを立て、課題解決を図る力」を生徒に身に付けさせるべき資質・能力として位置付けています。

神津小学校との連携教育をはじめ、都立神津高等学校との緊密な情報共有を交えながら、島ならではの教 育を生かして子供たちの成長を見守っています。また、生徒が秘めている大きな可能性を引き出せるように、我々教職員が一丸となって取り組んでいきます。

新型コロナウィルスの終息がいまだに見えず、今なお教育活動への柔軟な対応が求められますが、生徒一 人一人が達成感を味わい、自己肯定感を高められるように学校、家庭、地域とともに歩んで参ります。

 


TOP